ストレスチェックは適切に実施しなければなりません

  • ストレスチェックは適切に実施しなければなりません

    • 2015年12月から、労働者が50人以上いる事業所ではストレスチェックが義務化されています。これによって、毎年12月1日から翌年11月30日までの期間に、原則として、全ての労働者に対してチェックを行わなければなりません。
      ご存知のとおり、ストレスはうつ病をはじめとする精神疾患の原因とされています。

      ストレスチェックに関する疑問が解決できます。

      そして、ストレスチェックの目的は、メンタルヘルスの不調による労災被害を減らし、ひいては職場環境を改善することにあります。

      ストレスチェックの大まかな流れは、紙面またはコンピュータ上で質問表を各労働者に配付することからスタートします。
      そして、ストレスを感じている度合いの高い従業員(高ストレス者)がいないか確認します。ちなみに、質問表は厚生労働省が作成した「職業性ストレス簡易調査票」をベースに行うのが基本ですが、社内独自の質問を加えることも可能です。続いては、質問表の結果を反映させるステップへと進みます。

      ストレスが多くない方の場合は、ストレスチェックはこれで終了となります。

      もし、高ストレス者が見つかった場合は医師により面接指導が行われ、さまざまな対策が講じられます。


      例えば、専門の医療機関にかかることを勧められたり、労働時間の短縮といった措置が一般的です。

      また、集計の結果、会社単位や部署単位で問題がある場合には、職場環境の改善が必要なケースです。

      OKWaveをわかりやすく説明しています。

      経営者や責任者はしっかりと結果を受け止めなければなりません。


      なお、ストレスチェックは会社が実施するのではなく、メンタルヘルスに詳しい医師や外部の専門企業などが行います。



      そして、会社にはプライバシーへの配慮義務や、不利益な取り扱いが禁止がルール化されています。

      このように、労働者への配慮がしっかりと行われています。

  • 医療のコツ

    • 過労が原因となる自殺やうつ病など、職場のメンタルヘルスが大きな問題になっています。そんな中で2015年から、従業員50人以上のすべての事業所を対象に、ストレスチェックが義務化されました。...

  • おすすめ情報

    • 平成27年12月1日より、従業員が50人以上いるすべての事業所で、心の健康診断としてストレスチェックを1年に1回以上行うことが義務付けられました。従業員数が50人未満の事業所は、努力義務で、できるだけやってください、といった感じです。...

  • 知識を増やす

    • 2015年、日本ではマイナンバーの導入が開始された年の12月に、企業ではストレスチェックを義務化する制度が始まりました。義務化と言っても50人以上の労働者を雇用する事務所に対する義務化で、それ以外は対象にはなっていません。...

  • わかりやすい情報

    • 2015年の12月から義務化されたストレスチェックは50名以上の従業員を抱える事業所であれば実施しなくてはならなくなっています。しかしながら実施にあたっては医師や保健師が実施者として管理をしなければならない仕組みになっているため、医療スタッフが常駐する大企業を除けば非常に実施しにくい環境があると言えるでしょう。...

top