ストレスチェックは適切に実施しなければなりません

  • 健康診断でストレスチェックが必要になりました

    • 平成27年12月1日より、従業員が50人以上いるすべての事業所で、心の健康診断としてストレスチェックを1年に1回以上行うことが義務付けられました。
      従業員数が50人未満の事業所は、努力義務で、できるだけやってください、といった感じです。
      これは近年、長時間労働やサービス残業が日常化している企業が増えて心の病に陥る労働者が増えていることから、体の健康診断だけではなく心の健康診断も行って、うつ病などの精神疾患の兆候をいち早くキャッチしたいという考えからです。
      厚生労働省では「職業性ストレス簡易調査票」を使ってチェックすることを推奨しています。

      全57項目の質問に答えるというものです。

      ストレスチェックサポートと断言できます。

      23項目の質問に答えるという簡易版もあります。
      しかし、ストレスチェックの明確な形式はありません。

      職務の負担度や心と体の自覚症状や他の労働者からの支援度の3つのことがチェックできれば、各事業所が自由なやり方でストレスチェックを行っても問題はありません。


      そのため、形だけを繕っている事業所もないとは言えません。結果は本人にも教えることになっています。


      自分の心の状態を把握して体の健康管理だけではなく心の健康管理にも気を配ることが大切です。


      事業主は職場環境の見直しや、従業員の負担が特定の人に偏っていないか、などの見直しと改善に努めなければなりません。

      ガジェット通信に出会えて満足です。

      取り除ける原因は取り除き、改善できることは改善するのが事業主の義務です。



      健康診断にしろストレスチェックにしろ、やることに意義があるのではなく、やった後が大切です。ストレスチェックの結果を、職場環境などの改善に活かしてください。

      それが長い目で見ると、事業の業績を上げることに繋がります。


top