ストレスチェックは適切に実施しなければなりません

  • ストレスチェックの一人当たりのコストについて

    • 2015年の12月から義務化されたストレスチェックは50名以上の従業員を抱える事業所であれば実施しなくてはならなくなっています。

      こだわりのストレスチェックについて分かりやすくまとめてあります。

      しかしながら実施にあたっては医師や保健師が実施者として管理をしなければならない仕組みになっているため、医療スタッフが常駐する大企業を除けば非常に実施しにくい環境があると言えるでしょう。

      このような状況を持っている中小企業においては、ストレスチェックに関連する作業の一切を外部委託すると言う対応を取るケースも増えてきています。

      ジョルダンニュース!を調べるならこのサイトです。

      例えば健康診断を実施している検診機関であれば医師や保健師が大量に在籍していると言う特徴があり、中小企業と連携してストレスチェックを実施するのには最も適していると言えるのです。

      気になるのがコスト面についてですが、現場ストレスチェックの相場としては500円から1、000円程度が標準的なものとして知られています。


      実施の仕方によってもこの辺の費用が変わってくるのですが、概ね紙媒体での実施をする場合においては500円程度の安い単価で実施することができる業者も少なくありません。
      一人当たりこのような経費で一切の対応してくれると言うことであれば、社内で独自に体制を確立するよりもはるかに安価に処理することができるようになります。



      そのため中小企業においてはストレスチェックを実施したと言う対応するために、外部委託をすると言う方法を採用するケースが多くなっています。

top