ストレスチェックは適切に実施しなければなりません

  • ストレスチェックは義務です

    • 過労が原因となる自殺やうつ病など、職場のメンタルヘルスが大きな問題になっています。


      そんな中で2015年から、従業員50人以上のすべての事業所を対象に、ストレスチェックが義務化されました。

      事業者は従来の健康診断と同様に、年1回のストレスチェックを実施することと定められています。
      一般的なストレスチェックは、マークシート方式のアンケートで行われます。
      「疲れ切っている」「やる気が起きない」等の項目に該当するかどうかチェックを入れ、統計的にストレスの度合いを診断します。

      現在では多くの業者から調査用マークシートが発売され、また無料で利用できるツールも提供されています。

      あなたに合ったストレスチェックの情報をまとめた一度は訪れて欲しいサイトです。

      調査の結果、高ストレス状態と判断されれば、精神科や心療内科の医師の指導のもとで、仕事の量や時間を調節することになります。しかし昇進や昇給の妨げになると考えて、受診を拒否する従業員も少なくないと言われています。

      こうした人こそストレスが溜まりやすいので注意が必要です。ストレスチェックは事業者の義務ですが、従業員には受ける義務がありません。
      これも現在の制度の問題点とされています。

      Girls Channelに注目が集まっています。

      過剰なストレスは、本人が気づかないうちに、体の不調を招くことがあります。
      近ごろ何となく眠りが浅いとか、食欲がないといった症状があったら、それは心に原因があるのかもしれません。


      積極的にストレスチェックを受けて、深刻なトラブルを引き起こす前に対策を講じることが大切です。



top